DVD鑑賞

2011年1月 4日 (火)

バイオハザードⅣ アフターライフ

本日より一家は通常営業です。
本当にあっという間のお正月休みでしたな…weep


さて。
先日、Amazon.さんから「スーパーロボット大戦L」のソフトが届いたわけですが…DSのソフト1本だけにしては、やけに送られてきた箱が大きいな~と思ったら…

01041 ←papaさんがドサクサ紛れにこのようなものまで購入しておりましたcoldsweats01
「バイオハザード Blu-ray スペシャル・クアドリロジーBOX」!
昨夜はバーゲン疲れで何もする気になれなかったので…コチラの中から「バイオハザードⅣ アフターライフ」をサラ~っと鑑賞致しました。

何やら「Ⅳ」は3Dを意識したカット割がやけに多かったですな~。
今作品のアリスも相変わらず強く美しいですぞheart04

01042 そして…クリスが出てきました~!
ストーリーにはゲーム版「バイオ5」の要素が多く含まれており、ゲームファンにも楽しめましたが…逆に、ゲームをしていない人には「ん~??」と感じる唐突な部分も多かったですな。処刑マジニとかね…。



01043_2 最後の最後で出てきたコチラの美人さんについても、「5」をプレイしていないと意味が解らないですなcoldsweats01
ウェスカーもちゃっかりパラシュートで脱出していたし…これは続編があるということなのかなぁ? 続編があるとすれば、アリスVSジル、アリスVSウェスカーということになるのだろうが…ゲームファンとしては、ウェスカーを倒すのはクリスに任せて欲しいところですぞ!

01044 本編を鑑賞後、特典メニューを見てみると…
「『バイオハザード ダムネーション』先取り映像」という項目があったので、さっそくチェック!





01045おお~。レオン君じゃないですか~happy01
またCGで出てくるんだね~♪ 
レオン君と対峙していた男性は誰なのでしょうか、気になるところですな。




01046 コチラも楽しみですが、ゲームのほうも新作とか作ってくれないものかなぁ…weep

| | コメント (2)

2008年12月29日 (月)

biohazard DEGENERATION

やあ!
昨日の記事では、「果たして出てこれるかねぇ…」なんて言っていたのが、もう出てきちゃったよcoldsweats01
昨夜「バイオハザード ディジェネレーション」を何とか鑑賞することができたので、少しだけでも書いておきたくてー。

さて、今回のお話は…
7年前、アンブレラ社の社員によってラクーンシティから持ち出された2つのウィルス。そのウィルスが悪用され、またしてもバイオハザードが起きてしまう。バイオハザードが発生した空港に偶然居合わせたクレアは、事態鎮圧のためにやってきたエージェントのレオンと再会し…――というもの。

率直な感想としましては…
ごくごく普通の映画だったかなーcoldsweats01 全編CGなのでどうしてもリアリティに欠けてしまうよね。ミラ・ジョヴォヴィッチが主演した実写版シリーズと比べると、ハラハラドキドキグログロ感が少なくて良くも悪くも落ち着いて見ることができましたな。
T-ウィルスってあんなに進行速度が早かったっけ??などと疑問に思う箇所もありましたが、バイオハザードファンの方は見ておいて損はないと思うよー。久々にクレアや「G」も見られるしね!
 
12293 クレアはゲームのイメージ通りで良かったですぞ~!
でも、ちょっと陰が薄かったかな。クレアとレオンが共闘して新たなる脅威に立ち向かうものと思っていたのだが、別行動してることが多かったし。どちらかと言えばレオンの活躍のほうが目立っていたような気がするよ。

12291 そのレオン君は…何だか人相が悪くなりましたかな? 
今回、レオン君にはちょっとしたロマンスもありましたぞー。




12292 こちらがお相手の美女ですな。
エイダ一筋の堅物かと思いきや、そういうわけでもないんだね。ま、レオンももういい大人だし、恋の一つや二つもするよね~。



12295 美女の画像の後に何ですが…「G」です。
ゲームとは違い第2形態までしかなかったけれど、なかなかの迫力でしたな。



うーん、久々に「バイオ2」がプレイしたくなりましたぞ~。お正月休み中にちょこっとやろうかなhappy01

| | コメント (2)

2008年5月28日 (水)

ファイブスター物語

先日、papaさんがamazonさんにて小説やら漫画やらを購入。

05282_2 その中にはこのようなものも入っていたよ!





05281 「ファイブスター物語」の劇場アニメDVDだ! プレミアが付いてスゴイ値段になっていたのだけど、いつの間にか再販されていたそうで、ナント2755円で購入~。



「でも、すえぞう出てこないしね~」
「そうそう、わしのエミリーちゃんやパルスエットちゃんも出てないし~」
と、mamaさん&わしはあまり乗り気でなかったものの、結局papaさんにつられて鑑賞することにー。

0528305284  うひょ~ナンデスカ、この少女漫画のような絵は! 思わず「オスカル様~」って言ってしまいそうだ~coldsweats01


ま、このくらい可愛い絵なら子分と一緒に見られるかも~と思ったら…首が飛んだり腕が飛んだり、結構残酷なシーンがありましたな。こりゃあダメだ、やっぱり大人だけで見るとしよう。

06285 やっぱりカッコイイですぞ、ナイト・オブ・ゴールド! 永野護さんデザインのメカは素敵だよね~。またキュベレイでも作ろうかなhappy01

それにしても…早く原作の続きが読みたいものだなぁ。魔導大戦、せっかく盛り上がってきていたのに…weep


| | コメント (2)

2007年9月28日 (金)

ちょこっとDVD鑑賞

またしても子分の「抱っこ~」が始まったので、昨日はガンプラには全く触れられませんでしたぞ(;;)
というわけで、昨日は(今度こそ)心温まる宮崎駿監督作品を観ることにしたよ。

09281天空の城ラピュタ」!
このお話は、数ある宮崎アニメの中でも一等お気に入りの作品なんだ♪ DVDがあるのに、「金曜ロードショー」などでTV放送されると思わず食い入るように観てしまう(^^; そして、ボロボロになりながらもシータを助けようとするロボット兵の姿に毎回号泣。ロボット兵、好きだなー。三鷹の森ジブリ美術館へ行った時は、ロボット兵とバシバシ記念撮影をしちゃったもんだ。因みに…OL時代のmamaさんは三鷹で一人暮らしをしておりました。「その頃にジブリ美術館が出来ていたら~!」と悔しそうにしていたよ。


さて、では鑑賞開始~。

…10分もしないうちに子分がモゾモゾモゾ…。
ブブッ。ブホッ。
…あ、ウンチした…(^^;

オムツ替えを挟んで再び鑑賞開始。
空賊ドーラ一家とともにラピュタを目指して旅立つパズーとシータ。いよいよお話が盛り上がってきたよ~というところで…。
子分熟睡…(^^; 
ま、まあ仕方ないよね、♪子分はまだ、2ヶ月だから~♪ お話が分かるようになったら、また一緒に観ようぞ! その時を楽しみにしているよ~。

| | コメント (4)

2006年11月 3日 (金)

不発…

やはり今日は体調がいまひとつだったので、外出は避け家でのんびりDVDを観ることにしたよ。
ガンプラに夢中になっている間に、観ていない作品が結構溜まってきちゃったしねぇ…。

まずはpapaさんが大好きなB級ものから…。
「THE FALLEN ONES」(邦題「レジェンド・オブ・タイタンズ」/2005年)
 北米で全長12mの巨大ミイラが発見される。その後、発掘に関わる人々が次々に失踪する事件が…。
この巨大ミイラは堕天使アモンの息子で、復活の時を待っていたのだ!
―と、着眼点自体は面白いのだが…

11033 体当たりで攻撃してくる堕天使(写真)、
ダイナマイトを口に投げ込まれてあっさり敗北する巨大ミイラ…
とまあ全てが本当にB級! B級が怒るくらいB級!
途中から眠くなってしまった…。
主演は「STARSHIP TROOPERS」のキャスパー・ヴァン・ディーン。

気分直しに次はこちらを。先週発売された「GUNDAM EVOLVE../Ω」。
CGで制作されたガンダムのショートストーリー集だ。
前作よりも時間は長くなったけれど(それでも最大14分…)、CGのクオリティは高いとはいえないし、お値段(定価5040円)は高めかなぁ…。MS IGLOOのほうが断然良い!

11032../7より、ウイングガンダムゼロの勇姿!
やはり美しい機体だー。
残念ながら、ヒイロのセリフは「任務完了…」だけであった。


11031_1../10より、ジュピトリスⅡに亡命を求めるキュベレイMk-Ⅱ。
果たして中に乗っているのは…?
わしはこのストーリーが一番良かったかな。ほのぼのしているよ。


上記2作品はちょっと不発だったので、夜にまた何か観ようかな。
あ、でもセイバーも作らないと…。

| | コメント (0)

2006年9月29日 (金)

続・熱いぞ、Gガンダム!

ついにあのシーンを見た!
ゲームでしか見たことのない、ドモン愛の告白シーン。

0929_poohsuke3 兄さん・師匠・ミカムラのおじさんの死。
後半はティッシュ必携の場面が続いたが…
最後の最後でやってくれたよドモン君。



0929 レイーン、お前が好きだー!
お前が欲しいーっ!!

うきゃ~大胆っ。言われた側も、嬉しいような暑苦しいような…。
(写真はDVD「機動武闘伝Gガンダム」12巻より)
0929_poohsuke5



見ているこちらが、ぽっ

いや~若いっていいねぇ。

明日はお休みだし、飛ばしちゃった前半も見なきゃね。
しばらく一家の間では、「このうつけがっ」「だからお前はアホなのだ」なんて言葉と、
可笑しな格闘ポーズが流行りそうだー。

| | コメント (4)

2006年9月23日 (土)

熱いぞ、Gガンダム!

以前にもご登場頂いた、papaさんの同僚T氏より
GガンダムのDVDをお借りしたよー。
今日は作業をそっちのけで見入ってしまった。

前半は飛ばして…(^^;
製作中のゴッドガンダムが登場する後半からじっくりと鑑賞。
うーん…確かにこれは…「ガンダム」とは違うかなぁ。
でもいいよ、これ。面白いっ!
ガンダムの主人公というと、内向的な少年が多いように感じるが、
ドモンは実にエネルギッシュな青年だ。
まあ背景に戦争が有るか無いかという差もあるだろうけど…
いや~あの熱さ! すっかりファンになってしまったよ。

―あれっ!?
…例の腕のプロテクター。爪のようなモールドが…

09231_2有ったり…




09232_3 無かったり…   




つまり、どちらでもいいってことかな?
よし。じゃあナシってことでいってみよう♪

09233 マスターもカッコイイぞ。
やっぱりセットで作ろうかなぁ…。

(写真は、DVD「機動武闘伝Gガンダム」第7巻より)

| | コメント (2)

2006年6月22日 (木)

重戦機エルガイム

DVD鑑賞 ~mamaさんの視点より~


先週から「重戦機エルガイム」のDVDを見始めました。
もちろん、「ファイブスター物語」の影響です。

06212
「ファイブスター物語」でのダバ

実はこのアニメ、中学生の頃リアルタイムで見てましたー。
真摯(&紳士?)なダバに惹かれ、潔いレッシィに憧れたものです。
でも見逃してしまった回も多いうえ、結末さえうろ覚え。
再び見る機会を得られてとても嬉しいです。
も~とにかく懐かしい!
あれから20年も経っているのに、「誰か~♪」で始まるオープニングの歌詞はしっかり覚えていましたよ。


今7話を見終えたところです。
ああ、この牧歌的な雰囲気や主人公達の素朴さが好きですねー。ホッとさせられるものがあります。
主人公がいちいちネガティブだったり、ヒステリックだったりすると、
見ているだけで何だか気が重くなってしまうのですが…
この作品は今のところストレスなく見れています。
ポンポン飛び交う軽妙なやり取りが最高です。

ダバ・キャオ・アム・ギャブレー・レッシィ、とメインどころも揃い、
物語の舞台はミズン星に移りました。
続きを見るのが楽しみ♪(まだまだ先は長いですが…)
やはり永野さんデザインのキャラやメカは魅力的です!

| | コメント (0)

2006年6月 8日 (木)

新機動戦記ガンダムW Endles Waltz 特別編

DVD鑑賞 ~mamaさんの視点より~

ガンダムWのプラモデルを再び作り始めたこともあり、久々に動くみんなの姿が見てみたくなりました。
さすがにTV版49話分は大変なので…「Endless Waltz 特別編」を鑑賞。
やっぱりいつ見てもいいですねぇ。

明かされる少年達の過去。
ヒイロの問いかけに、心を揺さぶられる五飛。
人は殺さない、という強い思いを胸に、ゼクスと共闘するカトル・デュオ・トロワ。
ヒイロとリリーナの絆の強さ。

ただキャラクターやMSがかっこいいというだけでなく、少年達の言葉が、思いが、胸にぐぐっときますよ~。
…やっぱりTV版も見たくなっちゃいましたね(笑) これはまたの機会にゆっくりと。
新しいガンダム作品も次々生まれていますが、
ヒイロ・ユイとウイングゼロは…というより「新機動戦記ガンダムW」は、今でも私の一番のお気に入りです。

うーん…改めて見てみると、トールギスⅢもなかなかカッコイイかも…。

| | コメント (2)